この写真のポイントは

湯気。

くるりん具合がかわいいと思っています。

撮りたいのは、いつも煙のようなもの。

炎とか、湯気とか、影。

感情に似ているものを残したいのだ。

ほんとのことは、もしかしたらとっても小さい声なのかもしれない。

闇のなかに、置き手紙のように落ちている音なのかもしれない。

最近、うっかりアマゾンプライムお試しの人になっちゃったので、観たかった映画をみつけては鑑賞しているけど、

あれもこれも見放題って!!!!

こんな贅沢させてもらっていいのかしらとそわそわする。

だけど、やっぱりちょっと片手間で観ちゃったりするから、もったいないことをしてるかんじもする。

私が歌を歌うきっかけになったのは、子どものころ、映画「サウンドオブミュージック」を観たおかげ。

もし今、私が子どもだったら、この膨大な映像たちの中から何を選ぶのかしら。

とりあえず、選ぶ自由が大きすぎて、手に余るだろうと思う。

夜になってから携帯電話を買い換えて、データーを移行するのに数時間。

まだLINEがくるくるしたままだけど。笑

もう、寝ることに専念するしかないお時間となりました。

こういうことを、するっとできないのが私だよなあと落ち込みそうになるけど、こんなことでオロオロできること自体、幸せだとも思っちゃう。

明るくて美しいものだけをこの携帯にみせてあげてあげたい。

雨上がりの朝。

夜の散歩と同じ道を歩いた。

いつも、しなびた葉野菜のようで、枯れたようにみえていた草たちが、いきいきとしていて、引っこ抜いたら、大根のような、何かとてもみずみずしいものが地中に実っているようにみえた。

夜は、眠っていたんだねえ。

お砂糖用のスプーンをみていたら、

目の検査用の道具を思い出した。

あれは、なんというお名前なのかしら。

目隠しスプーンなわけは無いよねえ。

遠くまでみえたり、小さいものがみえたり、

そういうの、大事なことだけど。

ホントのこと、ちゃんと見えているかのほうが

大切なことだなあと思ったりしながら、

ちょっと苦めのコーヒーをいただきました。

いつもはブラックだけど、

ちょっとだけお砂糖入りにして。

日曜日だからね、

なんとなく特別にしたいわけ。

そう見えるだけ、なんだけど。

冬のサルスベリの木に、ハートをみつけてよろこぶ私。

だけど、愛もそういう感じだね。

それは何だかわからないけれど、私には愛にみえるし、愛だと思うし。

そう信じて触れることで、すべては愛になるのだと思うし。

バレンタインデーに、愛を込めてお知らせです☆

6月のワンマンライブ、開催決定いたしました。

6月23日は、私のファーストコンサート記念日。

その時期にみなさまにお会いできることが嬉しいです。

ツアーという意味で“うたの素 旅ノ巻”

夏+2020をくっつけて、“ナツニマル”

タイトルは、「風夢記」と書いて、カザムキと読みます。

冬のツアーをやっているとき、もしも夏のツアーをやるんだったら・・・と、心に浮かんできた言葉です。

まだ夏とは言えないような6月の終わり。

今年の夏のカザムキを確かめたり、変えたり、作ったり、しませんか?

うたの素 旅ノ巻 ナツニマル 

「風夢記」

☆名古屋

2020年6月20日(土)

@HeartLand

17:00/17:30

☆大阪

2020年6月21日(日)

@ROCKTOWN

16:00/16:30

☆東京

2020年6月27日(土)

@TSUTAYA O-Crest

17:30/18:00

お知らせの詳細は→ こちら

駐車場の「空」という表示をみるたびに、思うことが違う。

今日は、空という字が、穴と工に見えるなあと思いながら歩いていた。

水面には、空が映っていた。

空色の穴だ。

工事しないと、空に戻らないなあ。

日々に工夫しないと、空っぽになるんだなあ。

家に帰って文字を書いてみたら、何かに似ていた。

パンダ?

チンゲンサイのバンザイ。

Please reload