2016年6月9日木曜日


自分ではもう忘れてしまっていても、他の人の記憶の中の「私」は存在している。

ありがたい反面、忘れたいことから逃げられないようにできている。

こういう時、0と1の違いに愕然として、無と無限について、考えだしちゃったりする。

0は、卵みたいだけど、やっぱり卵なのかも。

私の0は、どんな数字になるんだろうなあ。


okui_stamp_1.png

©OkuiAki.com組 All Rights Reserved.