2016年11月2日水曜日


まだ小学生か中学生か・・・の頃に読んでた占いの本に、コーヒーを飲んだあとの、カップに残った模様で未来を占うものがあった。

内容は覚えていないけど、当たるわけないじゃんと思う自分と、そういえば飲むたびにカップの底の模様は違うから、何か意味があるかもしれない!と思ったりする自分がいったりきたりした。

おかげで、コーヒー(じゃなくても)を飲み終わると、その模様をみるのがクセになっている。

見ようによってはハートだったり、顔に見えたり・・・そういうことで一喜一憂するのは、ばかばかしいかもしれないけど、こんなに簡単で安上がりな喜び探しをしないほうが逆に損かもしれない。

以前、高知で行った鍾乳洞のなかで、いたるところに顔のようになった石をみつけて楽しんでいたら、ガイドのお姉さんにお褒めの言葉をいただきました。

「そんなにたくさん何かを見つけちゃうオトナはいないです!」

ふむふむ。コドモはいるんだな。。。ま、とりあえず、この幸せは、日頃の訓練(?)の賜物でした。

そして、たぶんどんな幸せも、そういうことだと思うんだよねえ。

見えた人だけラッキー☆

感じた人だけラッキー☆