2016年11月28日月曜日


近所の銀杏の木に西日が当たって黄色がまぶしい。

半分くらいの葉っぱが落ちてしまっているから、木のまわりは、丸い絨毯が敷いてあるみたいだった。

しばらくすると、たくさんの子供達が集まってきて、男の子ふたりが相撲を取りだした。

私は撮りたい写真を撮ったので、そのまま公園をあとにしたから、どちらが勝ったかわからないけれど、なんとなく、銀杏の葉っぱと同じ黄色のシャツを着ていた子が勝ったような気がする。

銀杏の葉っぱがくるくる落ちてくる。

きっと、タケコプターになれるって信じてたと思うんだよね。