2016年12月6日火曜日


日差しがワルツを踊っているようなランチタイム。

優雅な気持ちで駅まで歩いた。

川面には光が照りつけて、金のウロコがキラキラ。

こういうとき、胸がいっぱいになって、ご飯もいらないなあって思う。

霞を食べて生きていけそうな気になった。

日暮れ前。

同じ道を逆さに歩く。

吹いて来る風はみんな向かい風。

木の葉たちが豪速でフォークダンス。

マイムマイムの妖精がいる!なんて、心で思っていたら、

数枚の葉っぱが私の背丈より高く舞い上がった。

枯れた葉の槍攻撃。

けっこう痛い。

あかん。

霞だけ食べて生きていけない。

ギブミーアッタカイゴハン。

だけど、見上げた空はとってもとっても優雅だった。

白いチョークで書いたような三日月を

淡いピンクの雲たちがふんわり抱えていたのでした。


okui_stamp_1.png

©OkuiAki.com組 All Rights Reserved.