2017年4月11日火曜日


白い半紙に、月だけ白く残して、まわりは墨で塗りつぶしたような空をみながら信号待ち。

どこかに生まれる新しい命と、いづこかへ旅立つ命がすれ違う場所のようだ。

桜の花が散るのをじっとみていると、自分がちぎれるようなさびしさを感じるから、ふわっとみてる。

思い入れのある歌を歌う時みたいな感じ。

ふわっと歌詞を追わないと、毎回泣いちゃうんだよね。

ときどきしくじっちゃうんだけどね。

思いを込めてないってことじゃあないんだよね。