2018年3月29日木曜日


撮影をしながら、時間の合間で桜を愛で、道の隙間にみつけたかわいらしい花たちを観察。1番びっくりしたのは、卵の黄身よりずっと大きい花をつけたタンポポだった。美しく整えられた花壇のなかで、(人間からみたら予定外に)悠々と咲いていた。土の下で、ダリアとかバラが咲いているところをみちゃったんだろうか。

もし、私が狐だったら、このあたりの葉っぱを化けるにあわせて使い分けただろうと思う。