2019年3月25日月曜日


毎年のことだというのに、景色の中に桜がみえると、それだけでテンションがあがる。

幼い子供たちが、自分の好きなキャラクターをみつけては喜んだり、指をさしているのと同じだ。

一応大人だから、大声出したり、ダッシュしたりはしないけど、心のなかではワーワーと大騒ぎで、早歩きマックスで近寄る。

午前中、ご近所の公園に行ったら、まだランチに集まる人もいなくて、サイダーの宣伝に出てきそうな空とセットで、ゆっくり桜を眺めることできた。

張り出すように伸びた枝についた花は、遊び好きの妖精のように揺れている。

幹にくっつくように咲いているのは、指揮官のようだった。


okui_stamp_1.png

©OkuiAki.com組 All Rights Reserved.