2020年10月9日金曜日




百日紅の花が散って寂しいけど、ピンクの模様が地面にできたようで、嬉しい。

急に気温が下がって、冷たい雨。

いつもより重ねて着た服だけど、みんな雨の冷たさに寄り添って、私だけ除け者。

防水スプレーがとれていたスニーカーも、ジワジワと私に背を向ける。


赤く、色づき始めた鈴懸の木の葉。

血が通いはじめたようにきらきら光っている。

雨には、木々が赤く染まるお薬が入っていると言われたら、私は信じてしまうだろう。


カラスがびっしょり濡れた姿でカアカア。

もう、やだ!

雨、やだ!

そう言っているような音だった。

okui_stamp_1.png

©OkuiAki.com組 All Rights Reserved.