2020年6月10日水曜日



車の中からみえたちょこっと虹。

虹のゲートをくぐった気分になれました。

すてきな世界への入り口だったらいいな。

雲は太陽を包んで金色に膨らんでいました。

明日からの雨は金色かもしれない。

田植えしたあとの緑の水田、

私の背丈を超えるほどの草むらや

西日を浴びて背伸びするように揺れている紫陽花たち。

すべてに黄金の雫が届くと思うとわくわくした。

私は、雨は苦手だから。

これからは太陽の雫だと思うことにしよう。





okui_stamp_1.png

©OkuiAki.com組 All Rights Reserved.