2020年7月24日金曜日



通りがかりの神社。

森の中にはセミがたくさんいて、すでに真夏のような大合唱。

鼓膜がビリビリした。

合間をぬうように、ウグイスも歌っている。

3匹の黒アゲハが、案内人のようだった。

手を伸ばすように伸びる木々たちは、神域に屋根をつくろうとしているようにみえた。




okui_stamp_1.png

©OkuiAki.com組 All Rights Reserved.