2021年5月7日金曜日



人それぞれの魅力はひとことで言い表せないものだ。

俳優さんじゃなくても、人生というお芝居のなかで、いろんな役割をして、いろんな顔でいきていると思う。

私は大人になるまでに「暗い」とか「根暗」と何度言われたかわからない。

おかげで、日陰も影も落ち着く場所だった。

一度ついたイメージのせいで、明るく笑って元気にしていると「今日はどうしたの?」とか言われちゃったりして。

なんだか、そういうとき、裸を見られたような恥ずかしい気持ちになって、面倒くさいから、すすんで笑わなくなった。

歌やお芝居に出会えたおかげで、舞台の上ならいろんな顔でいられるようになった。

私にとっては、感情表現のリハビリみたいだったなあ。

今なら、根暗とか言ってくれた大人に言い返せるのに。

「暗いではなく、思慮深いとか、落ち着きがあるって言っていただけますか?」