2016年6月6日月曜日

 

信号のすぐそばで、くちなしの香り。

青信号で渡っていいよと言っておきながら、香りで足を止めようとしているみたいだった。

魅力があれば、人はふりかえるものなのだなあ。

美しさは、磁力。

 

近所の公園の午後。

日射しの下でのびをするような紫陽花は、夢をみているようだったり、おしゃべりをしているようだったり。

携帯電話のなかに着々と写真がたまっていく。

ハッと気づくと私のまわりには蚊が集まっていた。

そういう磁力だけは、あるんだよなあ。

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload