2016年8月26日金曜日

別に買ったわけではないんですけど。

とにかく懐かしくなっちゃう「かるめ焼き」です。

子供のころ、京都へ遊びに行くと、八坂神社に並んでいる屋台のなかには必ずと言っていいほど、かるめ焼き屋さんがいて、実演販売していた。

初めて食べたとき、すごく堅いものを想像して食べたのに、口の中であっという間に崩れた感じと、食べたことのない素朴な味わいに感動しちゃったのです。

何より、つくってるときが不思議で。いきなりふくれあがるんだよねえ。

言ってみれば、砂糖のかたまりだと思うんですけど、私にとっては雪が固まったような・・・なんかそういうイメージがありました。

かるめ焼きの道具も、魔法の道具みたいだったなあ。

 

私が、今の子供だったら、何を好きになってるだろうなあ。

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload