2016年10月14日金曜日

 

昨日、十三夜ということを

すっかり忘れていた。

悔しい。

でも、今日は今日で、

きよらかな月だった。

閉店後のお店に、

これから何かの作業で入ろうとしている

男性たちとすれ違った。

いろんな長い夜があるんだなあ。

私は、歌をうたう仕事以外で、

憧れたものがいくつかあって、

そのうちのひとつがデパートの

ディスプレーをつくる人だった。

舞台のセットをみているようで、

私にとっては、当時学んでいた

演劇の勉強のようにも思えた。

 

よく、人生をドラマに例えたりするけれど、

だあれもいない夜の道は、

私の大事な舞台で、ディスプレー。

ほんとうの季節が、その瞬間、

私のためにトレンドをみせてくれる。

月と街灯が素晴らしい照明になって、

風は音楽になったり、

相手役になったりしてくれる。

今日はクマみたいな木が、月を抱えて登場した。

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload