2016年10月21日金曜日

 

鶯ボーロは、必ず食べていましたというものでもないのに、
みるとなつかしくて「好きだった」と思う。
この間、みかけて思わず買ってしまったニューバージョン?な鶯ボーロ。
ひとつずつが小さくなってチョコレートもかかっている。
大人用のお菓子に変貌なのかしら?

 

 

甘いだけじゃない不思議な味わいがやっぱり好きだなー。

でもねえ、

元の大きさでも食べたくなった。

昔食べたお菓子というのは、思い出とセットなんだよね。

これは鶯ボーロの味とはまったく関係ないんだけど、

父方の祖母を思い出す。

おばあちゃんは、蓋付きのお菓子鉢に砂糖がたっぷりついたお菓子を

いろいろ並べて入れておく人だった。

甘納豆みたいなものだったのかなあ。
きっと、重たい蓋付き菓子鉢が、鶯ボーロっぽい!から、

記憶がよみがえっちゃうんだなあ。

でも、これは、誰とも共有できない感覚。

当のおばあちゃんにもわかってもらえないかもしんない。。。

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload