2016年12月13日火曜日

一時期、担々麺がとっても好きだった。
というより、辛いものがめちゃくちゃ好きだった。
いや、めちゃくちゃ辛いものが好きだったのでした。

汗をかかないと食べてる気がしないので、家で辛いものを食べるときはサウナスーツを着たりして。
別に辛くないものも食べていたけど、辛いものを食べに行く回数も、作る回数も今の何倍も多かった。
いまだにカレーは自分でもよくつくるし、食べに行く。
だけど、辛さのほうは、普通よりちょい辛、くらいにとどめている。
ただ、【うちの店は辛さにこだわってますよ】というニュアンスを含めた看板をみると、不思議な対抗心が芽生えてくる。
もうひとりの私が、その対抗心の芽をもしゃもしゃっと食べちゃうから、結局は食べないんだけど。
なぜこんなことを書いているかというと、今日のランチが担々麺だったのです。

 

 


しかし、あんなに好きだったのに・・・
「ラーメンはさ、シンプルな味が1番だよ。複雑な味にする必要があるのかい?」と、もうひとりの私が問うてきた。
年をとったということなのか、「あっさりが、1番ですよねえ。」と答えてしまう。
今の私には、あっさりプラス、ごま油的なもの、くらいでいいのかも。

Please reload

過去の日記
Please reload