2016年12月18日日曜日

大阪・南堀江 Knaveにて、冬温記号ツアー第3夜。

 

あああっ。

今思い出しました。

ライブのMCでは言ったけど、

父親に直接言ってない!!

ハッピーバースデー父上。

 

そして


色々話した!と思っていたけど、年末の年越し番組のことも言い忘れたなあ。
話さなくちゃいけないことを忘れているあたり、まさに奥井亜紀です。

はじめての会場。
でも、はじめてとは思えないあったかさ。
もしかしたら、いろんなところにライブハウスのかたのアート心が加えられているせいもあったのかも。
お客さまの熱もすぐそこに感じられて、ステージに出たときから、「ぎゅ」って感じでした。
濃縮感?
一体感?
どーいう言葉がいいのかわかんないけど、暗闇のボールが宙に浮いているような空間でした。

 

なんとこの壁は、エレベーター!かわゆいー!

 


お客さまの中には、10月のひらかたパーク以来で観に来て下さった方もいらっしゃって、とっても嬉しかったです。
はじめても嬉しいけれど、その次の2度目をいただけることは、○印をつけてもらえたような感じだものね。
これから、息の長いおつきあいができますように。

 

来てくださる方それぞれの理由やいきさつが、ドラマだなーって、いつも思います。

なんかの歌詞みたいですけど、出会えたことに奇跡を感じます。

こんなにたくさんの人がいて、信じられない数の歌があるのに、よくぞ出会ってくれました!

関西在住の友人たちも駆けつけてくれました。
中には、私が結婚式で歌を歌った親友もいました。
今回は、4年生の子連れ参加です。
【今】というこの瞬間と、今までのすべての過去は=(イコール)で結ばれていると信じています。
【今】は短い瞬間なのではなく、未来を含んだ濃縮サイズなんだと思うのです。
これからも、一緒に、大事な【今】をつくりましょう。


次に「ただいま」を持って帰る日まで、みなさまお元気でね!!

 

 

 

 

 

 

 



おまけ。

 

 職人の背中。

 ここは、大好きなタコタコキング!

 塩たこ焼き、サイコーです。

 
 

Please reload

過去の日記
Please reload