2017年2月1日水曜日

10年前の写真をみるたびに、そんなに経っちゃったんだなあとしみじみするけれど、ワンシーズンに数回も身につけないものがあって、そういうのは、10年経っても、当時とかわらないまま、その数回の出番を待っている。

たとえば、大好きな帽子たち。

しゃべることができるとしたら、「たった10年だ」と言ってくれる気がする。

その時々の髪型や洋服の好みとかで、かぶりたくてもかぶれない帽子が必ず出てくる。

今は出番が無くっても、おばあちゃんになったとき、一緒に散歩しようね。

 

2月。

またここからが寒いはず。

毎年、みえない兜の緒を締める。

何に勝ったわけでもないんだけど。。。

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload