2017年4月15日土曜日

 

昨日の夜、はじめて部屋の照明の切タイマー60ってやつを押してみた。ほんとうにちゃんと切れるのか気になって寝られなかった。本末転倒やないかーいと思いながら、その瞬間を待っていたのに、ちょっと眠気に負けてる間に消えてた。朝が早かった上に、寝不足なので、今日は夕方くらいからタコのようだった。凧じゃなく。動きスローリー。こうやってタコと書いているだけでたこ焼きが食べたいと思うなんて、根深い関西人の血。どこにいても、何をしていても、気になることって、しみだしちゃう。がんばって化けてみたり、かかとの上がった靴で歩いてみても、そのぶんかがんで拾っちゃう。今夜も照明の切タイマーをセットしてみた。でも、うんともすんとも言わないから、やっぱり気になっている。キャンドルをつけても、火事になりそうでドキドキしてきて、まったく癒されなかった過去を思い出す。懐中電灯とかが一番安心だったりして。広い部屋も苦手だし。半径数メートルじゃなく、“手の届く範囲センチ”までの灯りでいいんだよねえ。そういえば、押し入れにベッドをつくるのが夢だった。箱入り娘っていうんじゃなく、箱に入っていたい。

 

Please reload

過去の日記
Please reload