2017年7月13日木曜日

 

いつも通っている舗道にて。

ガムの汚れで成り立っているハートに遭遇。

絵が書けたら、ハートを運んできてくれた妖精が描けるのになあ。

似たようなことを考える人は世界のどこかにいて、現実にすごく素敵な絵を描いていらっしゃる。

そういう作品にすぐ出会えるのが、ネットの素敵なところ。

歩いていても、ネットの中をさまよっても、おなじところにたどりつく感じで、不思議。

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload