2017年8月18日金曜日

 

家の近くには濃いピンクの百日紅しか咲いていないから、白とか、淡いピンク色のフリルをみかけると、ついつい足をとめてみとれてしまう。

どこの百日紅にも共通しているのは、花が散り出しているということ。

夏の残り時間を教えてくれる。

弾むように揺れている姿がお菓子の妖精みたいだった。

おかげで風たちは甘い香り・・・になったらいいな。

Please reload

過去の日記
Please reload