2017年11月12日日曜日

 

夕方5時前にはすでに雲のなかに太陽が落ちちゃって、はやい日暮れだった。

通りがかった公園では暗くなったことにも気づかない様子で走り回っている子供たち。

私は年をとったからではなく、これまであんなに動き回ったことがないかもしれない。

足もとにはたくさんの落ち葉。

銀杏だけでも数え切れないほど落ちている。

形も色も大きさもみんなバラバラ。

ちぎれて、蝶々のようになっているものがあった。

ちぎれているのに、誇らしげにみえた。

「今からが、ほんとうの私の時間」と言っているみたいだった。

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload