2018年4月18日水曜日

すごく不思議な夢をみた。

ちょっと哀しくて怖い夢だったから一刻もはやく起きようと思った。

目覚ましよりも効果的。

悪いことにはいいこともくっついてくるよね。

 

午後から出かけたので、傘は持たなくてすんだ。

帰りは、陽射しが大きな傘のようだった。

すべての人がかなしみに濡れないように、包まれている。

 

 

日暮れて、ほそいほそい月を見ながら帰宅。

そばに光っていたのは、金星らしい。

仲良しの距離というかんじがした。

ぴったりくっつくばかりが仲良しじゃないよね。

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload