2018年5月2日水曜日

 

夜、ゴミを出しに行ったら、雨がしとしとつとつとと降っていた。

駐車場で眠っている車たちのフロントガラスにぽつぽつと落ちている雨粒ひとつずつ、街灯に照らされて光っている。

すすーっと筋を描いて落ちていくしずくは流れ星のようだ。

ついこの間、桜の花びらがが積もっていたのに、そんなことはだあれも覚えていないかのような暗闇。

数字の「2」は逆さにしたら、「て」にみえる。

自分の尻尾を探すみたいに、くるくる回る猫が教えてくれた。

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload