2018年11月24日土曜日

愛記憶〜AIKIOKU〜 東京:TSUTAYA O-WEST

 

 

 

1年に1度のバンドライブが無事に終わりました。

1曲演奏が終わるたびに、もう1回やろうーーーって言いたくなる。

やり直したいということではなく、もう1回遊ぼうよーって感じで。

 

ギターの宮脇てつやさんと、ピアノの西本明さんは、打ち合わせていないのに、ふたりとも黒シャツにネクタイだった!

びっくりのシンクロ。

パーカッション中北裕子ちゃんも、黒のオールインワンだったし。

ベースの中鉢俊哉さん、ドラムの相川雄太さんは真っ赤っかの私と、黒色組の間を取ったような色あわせ。

私たち、周波数が合うようになったのかもしれないねえ。

 

今回はデビュー25周年だったからか、久しぶりに観に来てくださっていたお客さま、多いのかも。

アンケートを読みながら、なつかしかったです。

ラジオにお葉書やファックスをくださっていた頃の文字と同じだから、すぐにわかる!

25年目の宝ものみたいに、「はじめて来ました。」の方々もいらっしゃいました。この先の道も、またご一緒できると嬉しいです。

 

新旧色んな曲を歌いました。

つくった当時は、ライブだと歌いこなせていなかった部分が、なぜ歌えなかったの?と思えるようになっていたことがとても嬉しかった。

そして、もっともっとこうしたいとああしたいと自分に言えることも。

未来の私を今の私が尊敬できるようになりたいと思った夜でした。

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload