2019年2月4日月曜日

 

 

あったかいおかげで、着込まずにいられたし、ちょっと寄り道しながら目的地に行く余裕があった。

ミモザが咲きはじめていて、嬉しくて木のまわりでしばらく過ごす。

ほんとうに春は来ますよ、という保証のようだ。

足もとでは、タンポポの数が増えていた。

これから花が咲く水仙の葉が風にそよいでいて、すてきだなあと思った。

風の指揮者のように凜としている。

地面に近い場所から、春一番が吹くのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload