2019年3月28日木曜日

曇天。

世界がカゼをひいたよう。

時間も、息を潜めるようにゆっくりゆっくり。

だけど、雲の切れ間から光が差し込んだ途端、時間が倍速で進みだした。

花に色をつけてくれるのは、光の絵の具だったんだなあ。

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload