2019年4月29日月曜日

どこかへ行きたいと思う。

だけどそれは、遠くへ旅したいとかいうものではなく、

日常をちょっと抜け出したいだけ。

近所の、誰も使っていないらせん階段をみるたびにときめく。

非常用なのだから、使わないほうがいいに決まっている階段。

だけど、とっても素敵なところへ続いているようにみえるのだ。

 

 

公衆トイレから、猫が出てきた。

人間が(変身して)出てきたような風情だった。

目があって、お互いにじーっとみつめあった。

大丈夫。誰にも言わない。

みんな自分の非常口を持っている。

 

Please reload

過去の日記
Please reload