2019年8月24日土曜日

スーパーの精肉コーナーは、とても冷えている。

すぐに冷えちゃう私は、ささっと通り過ぎたい。

でも、昨日は思わず足を止めてしまった。

 

10歳くらいの男の子がお母さんに

「ぼく、あっちに行ってるね。カブトムシが凍っちゃうから。」

「うん、わかったー。」とお母さん。

そして、笑いながら「いや、凍らないけど・・・」と小さなお声。

 

ビニールに入った虫かごらしきものを大切に、まるで卵を温めるように抱えている男の子の背中がかわいかった。

子育ては大変なのだろうけれど、こういう素敵な瞬間がいっぱいなんだろうなあ。

母が、もう二、三人産んでおきたかったと言っていたことを思い出す。

一緒にいられる時間は、ほんとうにあっという間だし、大変だったけど、ほんとうに楽しかった、らしい。

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload