2019年10月16日水曜日

 

 

近所の公園の馬の遊具の足もとがオレンジ色の絨毯になっている。

銀杏の実がこれでもかというくらいに落ちている。

上をみたら木にまだまだついているから、しばらく誰も馬には乗れないかもしれない。

 

キンモクセイも咲いていた。

近づいてみたけど、香りがわからない。

まだはやいのかしら?と思いながら、背中を向けてしばらく歩いていたら、追いかけるように香りのお土産が飛んできた。

キンモクセイは風と仲良し。

 

公園の入り口・・・というか私にとっては出口にて。

柿の実がたくさん落ちてる。

いくつかは鳥がつついたあとがあったけど、残りは台風で落ちてきたみたいだった。

私は柿の形や表面の質感が好きだ。

ずっと眺めていられる。

みられているほうの柿は嫌だったかもしれない。

じっとしてなくちゃいけないもんね。

ほんとは移動しているんでしょ?

公園を出たら、オレンジ色のボールに変身できたりするんだよね。

 

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload