2019年10月25日金曜日

私は高校時代、朝、何回も遅刻している。

寝過ごして遅刻したのは1回で、のこりはわざと時間をずらしたくなったのだ。

今おもえば、誰よりもはやく行けばよかったなあ。

おばかな私。

 

同じ制服姿の人間が、まっすぐ同じ方向に向かっていくのをみていると、怖くなるのだ。

はみ出ることは嫌なくせに、流れに乗ることも嫌。

でも、だったらやっぱり、誰よりもはやく行けばよかった。

背中を見なくて済んだのに。

あほたれな私。

 

 

 

今日、夕方のラッシュで似たような景色をみた。

駅に向かって歩いている人の流れに入りこんでしまった。

ほとんどの人が黒いコートを着ていて、ときどき、そのコートが揺れている。

壁にディスプレーされているハロウィーンのコウモリが飛び出してきたみたいだった。

みんな、急いでいるようだし、駅のまわりはうるさいくらいだったけど、スローでロマンチックな歌を脳内BGMにしたら、すべての人が愛おしくみえた。

高校生の頃との違いは、世界をメルヘンでファンタジーな世界に変換するようになったことと、人の背中ではなく、自分の行きたい方向しか見なくなったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、

Please reload

過去の日記
Please reload