2020年1月14日火曜日

 

 

打ち合わせに向かう電車のなかからみえた夕陽。

まるくて赤くて、でも、液体のようにみえた。

そんな訳無いじゃん!と思いながらも、ビルや屋根や電線にひっかかって、夕陽がやぶれて赤がこぼれてしまいそうでそわそわした。

私の乗っていた車両で外をみている人はひとりもいなくて、みんなほんとに見なくていいのかな?と、思っている間に陽が落ちた。

すっごくおいしいものをひとりで食べたような気分で電車を降りた。

ほんとは、「おいしいねー」って、誰かと言いたかったなあ。

Please reload

過去の日記
Please reload