2020年1月25日土曜日

 

 

昨日の夜、風がほとんどなくて、水面が鏡のようだった。

もうひとつの世界へつづく階段のようにみえてきて、怖くなった。

車の通らない道を行くと、私と暗闇と街路樹。

風が無いだけなのに、時間も止んだみたい。

桜の木が息を潜めている。

これが夏なら、肝だめしのようだ。

あちらの世界とこちらの世界をつなぐ扉は、風と時間が止んだ瞬間にだけひらくのかもしれない。

Please reload

過去の日記
Please reload