2020年1月29日水曜日

 

 

春の見本のようなお天気だった。

現実の春は、もっとびゅーびゅー風が吹いているような気がするなあ。

お洋服屋さんの入り口でみかけた、ミモザのつぼみが「今日」を表しているようだった。

これから先、年をとることに背を向けると、枯れていくような気がするけれど、脱皮するみたいに年を重ねていきたい。

いつだって新芽は出てくるし、つける花が少なくなったとしても、咲くことはできるような気がしている。

できれば、今日のような日に、のびのび、咲きたいなあ。

 

 

 

 

 

Please reload

過去の日記
Please reload